顎の症状も歯医者の領域!症状を疑った瞬間に受診しよう

顎のトラブルとさよなら!口腔外科で診てもらおう

顎関節症ってどんな症状?

歯医者と言えば虫歯治療や、義歯を入れてくれるところだと言うイメージがありますが、それだけではありません。近年では口腔内全体を見てくれる歯医者が多くなり、その役割は大きく広がりつつあります。
虫歯予防や抜歯はもちろんですが、歯茎の疾患であり成人の8割がかかっていると言われる歯周病は重症になると歯を支える骨が溶けてしまいます。それによって口臭が酷くなったり、歯を支える骨が無いので歯が抜け落ちてしまったりします。歯医者でも抜歯をしていますがその歯が根深く、ケースによっては顎の骨を削らなければならない場合も歯医者が対応してくれます。
よくあるケースとしては親知らずの抜歯です。そもそも親知らずは大臼歯と呼ばれる奥歯で、最前方の歯から数えて8番目の歯です。親知らずが真っ直ぐ生えていれば無理に抜歯する必要はありませんが、現代人は食生活によって顎が小さくなり、親知らずが正常に生えるスペースがなくなりつつあります。そのせいで斜めに生えて他の歯を圧迫したり、痛みを生じさせてしまったりする事があります。この場合は口腔外科の分野になり、ケースによって歯茎を切開して親知らずを砕いて抜く必要があります。
この様に歯だけでは無く口腔内全体のトラブルを受付している歯医者ですが、何と顎の症状も見てくれます。歯では無く顎の調子が悪いと思った場合は、まず歯医者へ相談してみましょう。今回は顎の疾患である顎関節症にスポットを当てて紹介しています。


ページの
先頭へ